BACK NUMBER
『“いいもの”を使えているか?』~経営者のマインドセットの秘密 Vol.134~

こんにちは。
エグゼクティブ コーチング トレーナーの
秋山 ジョー 賢司です。

経営者にとって、身の回りのものは重要な
アイテムです。

服、靴、時計など身につけるものから、
ペン、手帳、カバンなどビジネスで使うも
のまで、みなさんはどんな基準で選んでいま
すか?

そして、それをどう使いこなしていますか?


今週のテーマ:
====================
“いいもの”を使えているか?
====================

ビジネスが動き出し、収入が増えると「収入
にあった“いいもの”を持とう」という気持ち
になります。

収入が増えれば、選択肢も増えるので、そう
思うのは最もです。


では、あなたはどれくらい“いいもの"を
「使えている」でしょうか?


「使えている」とは、ビジネスを加速させる
ために活用できているか?ということを指し
ます。

つまり、ビジネスを加速させたい人にとって、
身につけるもの・使うものは全てリソースな
のです。


では、どうやって活用するのか?


それは、自分が纏いたいオーラを引き出すた
めに“いいもの” を使うのです。


そのためには、欲しいものがあった時、どれ
にしようか?と「もの」を選ぶ前に、「纏い
たい」オーラについて考えます。

例えば、「ジャケット」を買いたい、と思っ
たとします。

では、次のステージに行くために、今の自分
にどんなオーラを足したいか?を考えます。
・「おおらかな」オーラを足したい
・「甘さ」を出したい
・「強さ」を出したい
など。

そして、そのオーラを自分の中から引き出す
ために最も適した“いいもの”を選ぶのです。

いいですか?
この時重要なのは、

[いいもの] → [相手への影響]
と考えてはいけません。


[いいもの] → [私のオーラへの影響] → [相手
への影響]
という順番で、影響を与えて行って下さい。

ここが大きな違いを生みます。


「服に着られている」という言葉があります
。その服は素敵だが、その人には魅力を感じ
ない時に使われる言葉です。


服を使って、相手に影響を与えようとすると、
こうなります。

皆さんは、そこには決して陥らないで下さい。


“いいもの”が影響を与える場所は、相手では
なくあなたなのです。


だからといって、“いいもの”で「自分が満た
される」という使い方は、リソースとして活
用しているとは言えません。

これは、単にあなたが“いいもの”にマウンテ
ィングされただけです。


その“いいもの”であなたが満たされるのでは
なく、まだ引き出されていない自分の力をそ
の“いいもの”で「引き出す」。

これがリソースとしての活用法です。


みなさんも、“いいもの”を使って、自分の
未知なるオーラを引き出して下さい。


最近、私は「万年筆」を買いました。
これもまた私のリソースになってくれるこ
とでしょう。


【経営者のマインドセットの秘密】

“いいもの”を使って、
自分の未知なるオーラを引き出す。

====================
今週のJOE語録。
====================

私は、完璧だ。なんでもできる。

失敗もできるし、
落ち込むこともできる。

そして、
立ち直ることさえできる。

どうだ参ったか。

     by Joe

====================

完璧=なんでもできると訳すなら、

失敗くらい できないと。
落ち込むのも できないと。

完璧ではありませんね。